快眠に必要な条件とは | 夏も冬も快眠!より良い睡眠のためのアイテム集

夏も冬も快眠!より良い睡眠のためのアイテム集
Home » 睡眠アイテム集 » 快眠に必要な条件とは
睡眠アイテム集 | 06月29日更新

快眠に必要な条件とは

快眠には必要な条件というものがあります。
個人差があるので、完璧に条件を満たさなければいけないというわけではないので、出来るところから順に改善していき、自分である程度満足できる状態まで持っていくことが快眠にはやく近づける方法ではないでしょうか。

まず睡眠かかわる要因は3つあります。
1つ目は生活リズムなどの生体的なリズムで起こる身体的な反応です。
2つ目は心の問題のストレス、3つ目は寝床内環境である寝具や、寝室などの気温や湿度、光や音などの寝室環境です。

1つ目の生活リズムは、体内時計細胞の合成と分解、そして網膜の刺激などによる調整で体内時計が正常化します。
それらを元に生活を見直すことでホルモンバランスやリズムが整い、自然に夜は眠くなりますし、朝は自然に目が覚めるようになると言われています。

次にストレスについてですが、日中怒ったり、恨んだり、怖がったり、主にマイナスな感情で興奮し過ぎると交感神経の興奮が思うように収まらず、なかなか寝付けなくなります。
どうしても自己防衛本能が働いてしまうため、ある程度納得のいく答えがでないことには落ち着かないためでもあります。
興奮は興奮でも、スポーツ観戦や、旅行などで日中興奮すると眠れなくなることがありますが、これらはほんの一時的な不眠で解消されますので大きくは問題になりません。

最後は寝室環境です。
暑くて寝苦しくて寝られない、水分を含んだ布団が重くて寝づらい、布団が冷たくて寝付けない、他にもマットレスや敷布団の硬さなど、それが気になって眠るどころではないという環境かどうかということになります。
他にも寝返りが打ちにくい環境である場合は十分な疲れが取れないため時間は充分とっているのにかかわらず、体や頭が回復していないことで寝た気がしないという状況になることもあります。
実際は誰が見ても寝ているのに、最近眠れていないという方が居る場合はこのケースと言えます。

つまり、心も体も気持ちが良い状況かどうかが環境条件だと言えます。