冬におススメの快眠アイテム | 夏も冬も快眠!より良い睡眠のためのアイテム集

夏も冬も快眠!より良い睡眠のためのアイテム集
Home » 睡眠アイテム集 » 冬におススメの快眠アイテム
睡眠アイテム集 | 06月29日更新

冬におススメの快眠アイテム

快眠アイテムは次々に出てきていますので、本当に自分が必要としているかどうか見極めるためにも、快眠のゴール地点から考え、基本に戻って見直し、そこから考え直すことをおすすめします。
まずは冬の快眠寝具の基本はマットレスまたは敷布団、毛布に羽毛布団、それから薄い毛布などからみていくことにします。

マットレスや敷布団の上に毛布を敷くことで底冷えを予防してくれます。
暖かい服の着方の基本と同じで、いかに暖かいスペースを作り出し、温まった空気を逃がさないように出来るかどうかがポイントになります。

室内の冷えからは、羽毛がベストではないでしょうか。
最近では量産され、値段も昔よりリーズナブルでお財布にも優しく、その軽さで寝返りを打ちやすくします。
もちろん冷たい水温から身を守るための羽毛の保温力は言うまでもなく、一番おすすめしたいものです。

それでも冷えるという場合は、羽毛布団から熱が逃げないように、薄い毛布を羽毛布団の上にかけると暖かくなります。
なお、綿布団は熱を遮断する布団なので、毛布を上にかけず、肌と綿布団の間に毛布をいれると、毛布が羽毛の代わりに暖かい空気を含む役割をしますので参考にしてみて下さい。

上からの熱放射を防いでも、底冷えがある場合は、スノコなどで床との接触面積を減らして床からの冷えをカットするといいでしょう。
それでもというならキャンプ用のシルバーキャンピングマットを敷布団の下に敷くと熱が逃げません。
ただ、通気性は期待できないので、布団用の除湿マットもある方がいいでしょう。
他にも、布団を敷きっぱなしにしないようにする工夫も大切です。

寝具を変えたのにどうしても改善しない場合は、足湯をして足を温め朝起きたら脱げているくらいゆるい靴下で熱を逃がさないようにするという方法もあります。
ふくらはぎは第二の心臓とも言われるほど、その筋肉で心臓に血液を戻すのに大切とも言われていますので、寝る前に5分でいいのでふくらはぎをマッサージするなど、補助的に組み合わせてみてはいかがでしょうか。