不眠症の原因と対策 | 夏も冬も快眠!より良い睡眠のためのアイテム集

夏も冬も快眠!より良い睡眠のためのアイテム集
Home » 睡眠アイテム集 » 不眠症の原因と対策
睡眠アイテム集 | 06月29日更新

不眠症の原因と対策

不眠症と一言で言っても、その1週間以内なら一過性不眠、3週間以内なら短期不眠、1ヶ月以上で週に3回以上続いている場合の長期不眠と分類があります。
長期になると専門医を頼り投薬してもらう方が早く改善するケースもありますので、まずは3週間を目標に生活習慣を見直すことや、寝具や快眠アイテムでの対策することから始めてみてはいかがでしょうか。

ちょっとした特別なイベントがあると起こる一過性は、イベントが終われば不眠も終わりますが、短期不眠の原因は転職や失恋、離婚や家族の死などの大きなストレスが原因であるため、長期に移行しやすくなります。
焦ってしまうと、眠れていないこと自体が気になって神経過敏になって寝られなくなってしまいますので、とりあえず出来る事からひとつずつ試してみるなど、無理せず実践してみるといいでしょう。

特に長期の不眠症になってしまっている場合は、素肌に触れるものを肌触りのいいものに変えてみるなど単純なことであっても、寝る空間を気持ちのいいものに変えるだけで意外に気分も変わり、好転するケースもあるのでお勧めです。
また、冷え性や足のむくみを解消し、体の中の血液の循環を正常化させるために、夏でも冬でも関係なく足湯をすることも不眠解消に繋がります。
最近ではお湯のいらない脚温器などもあるので寝る前のリラックスタイムに試してみたいアイテムです。

精神的な悩みを抱えている場合は、共感して欲しいというケースと、自分ではどうしたらいいのかわからないと言うケースがあります。
共感したい場合は誰かと話をするのも1つですが、気分にあった曲を聴いてみることや、本を読むことで共感することが癒しになることもあります。
歌や本は、共感できなければ変えればいいだけですし、共感できる内容やアドバイス的な内容であっても、恩を着せることは一切ありませんので気軽に活用できます。

また自分でどうしていいのかわからない場合は、いつ誰に相談するのかだけを決めてしまって、その時間までは自分は自分で出来ることをしようと割り切ることで安心できます。
辛い経験の場合、つい自分が楽になることに対して罪悪感を抱くこともあるかもしれませんが、心が回復する時間を持てるように工夫してみることもとても大切なことですので参考にしてみて下さい。