夏も冬も快眠!より良い睡眠のためのアイテム集
睡眠アイテム集 | 06月29日更新

冬におススメの快眠アイテム

快眠アイテムは次々に出てきていますので、本当に自分が必要としているかどうか見極めるためにも、快眠のゴール地点から考え、基本に戻って見直し、そこから考え直すことをおすすめします。
まずは冬の快眠寝具の基本はマットレスまたは敷布団、毛布に羽毛布団、それから薄い毛布などからみていくことにします。
(さらに…)

睡眠アイテム集 | 06月29日更新

夏におススメの快眠アイテム

人は深く眠るために季節関係なく発汗し、温度を下げて眠りますが、夏場は更に暑さでより発汗し体温を下げる必要があります。
寝具を長年使っている場合は、快眠のためにも改めて寝具の見直してみるといいでしょう。
(さらに…)

睡眠アイテム集 | 06月29日更新

不眠症の方にお勧めの寝具

不眠症の方はどうしても仕事や人間関係の悩みなどをベッドの中に持ち込んでしまいがちですが、人間どこかで割り切って考える時間を持たなければ、疲れきってしまい、それこそ力が発揮できない状態になってしまいます。
寝床を寝心地の良い場所にし、快眠時間を確保するために、枕やマットレス、掛け布団などを見直し、日常とは別の空間であるように演出するという方法があります。
(さらに…)

睡眠アイテム集 | 06月29日更新

不眠症の原因と対策

不眠症と一言で言っても、その1週間以内なら一過性不眠、3週間以内なら短期不眠、1ヶ月以上で週に3回以上続いている場合の長期不眠と分類があります。
長期になると専門医を頼り投薬してもらう方が早く改善するケースもありますので、まずは3週間を目標に生活習慣を見直すことや、寝具や快眠アイテムでの対策することから始めてみてはいかがでしょうか。
(さらに…)

睡眠アイテム集 | 06月29日更新

夢と快眠の関係

夢は体の睡眠であるレム睡眠時に見ます。
ぐっすり眠るのに十分な睡眠時間があったとしても、夢ばかり見ている睡眠では、十分眠ったとは言い切れないことがあるのは、脳を休ませるノンレム睡眠が短いからだと言えます。
睡眠周期のワンクール90分の中の、レム睡眠が20分に対してノンレム睡眠が70分であることからわかるように、特にストレスが多いとされている現代社会において脳をしっかり休める時間がとても重要です。
(さらに…)

睡眠アイテム集 | 06月29日更新

自然のリズムを大切に

ヒトの体内時計は約25時間で、光や食事、運動などの外的刺激や、仕事や学校などの社会的因子から1日24時間に修正されます。
これを概日リズムといい、このリズムが正常化している場合、入眠時には発汗して体温を下げ、深い眠りにすることができると言われています。
入眠時に体温を適度に下げられるようにと、ジェルの入った枕や背中中心の敷パットなどがあるのはこのためです。
(さらに…)

睡眠アイテム集 | 06月29日更新

睡眠のプロセスを知ろう

最近では学校でも習うようになってきた睡眠についてのプロセスについてです。
眠りとは、入眠から始まり浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りであるノンレム睡眠を4〜5回程度繰り返し覚醒、つまり起床します。
睡眠時間の割合は、レム睡眠20分に対してノンレム睡眠70分の90分でワンセットと言われています。
6時間睡眠、7時間半睡眠などが自然に目覚めることができる時間だと言われているのはこのためです。
(さらに…)

睡眠アイテム集 | 06月29日更新

快眠に必要な条件とは

快眠には必要な条件というものがあります。
個人差があるので、完璧に条件を満たさなければいけないというわけではないので、出来るところから順に改善していき、自分である程度満足できる状態まで持っていくことが快眠にはやく近づける方法ではないでしょうか。
(さらに…)

睡眠アイテム集 | 06月29日更新

快眠を助けるアイテム

快眠を助けるアイテムと言うと、様々なアイテムを思い浮かべるかと思いますが、もし現在悩んでいるというのでしたら基本的なマットレスや敷布団、枕や掛け布団などから見直してみてはいかがでしょうか。
(さらに…)